妊娠中の利尻ヘアカラートリートメントについて

MENU

妊娠中に利尻ヘアカラートリートメントは使えるの?

 

妊娠中の利尻ヘアカラートリートメント

 

妊娠中の女性は、ホルモンバランスなどの影響で白髪が増えやすいものです。
すでに「白髪が増えて困っている!」と言う方も多いのではないでしょうか。

 

白髪があると実年齢よりも老けて見られるので、キレイになりたい女性からすれば良いものではありません。
しかし、市販の白髪染めやヘアカラー剤は妊娠中の使用を制限している物が多く、使いたくても使えないのが現実です。

 

そんな妊娠中の方にオススメの白髪染めが、利尻ヘアカラートリートメント。
利尻昆布をはじめとした植物由来の成分で作られているので、比較的安全に白髪を染める事が出来るのです。

 

しかし、「本当に妊娠中でも使用して良いの?」と不安に思う方も多い事でしょう。
そこで今回は、利尻ヘアカラートリートメントは妊娠中でも使えるのかについて解説をしていきます。

 

利尻ヘアカラートリートメントを使って、お腹にいる赤ちゃんと自分をいたわりながら白髪染めをしてみましょう。

 

 

妊娠中の方が白髪染めをしてはいけない理由

 

そもそも、妊娠中の方はなぜ白髪染めをしてはいけないのでしょうか。
市販されている白髪染めやヘアカラー剤のほとんどは、「妊娠中の使用は避けて下さい」と記載されています。

 

一方、利尻ヘアカラートリートメントは、「かかりつけの主治医に相談の上、パッチテストを行ってから使用すること」と書かれています。
市販の白髪染めと利尻ヘアカラートリートメントは、どの点が違うのでしょうか。

 

下記では、妊娠中の方が白髪染めをしてはいけない理由を解説していきます。
利尻ヘアカラートリートメントとの違いも併せてご紹介をするので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

染髪剤の臭いで気分が悪くなる

 

妊娠中の方が白髪染めをしてはいけない理由の1つ目は、染髪剤の臭いで気分が悪くなるからです。
一般的な白髪染めやヘアカラーの染髪剤は、ツーンとした独特の臭いがあります。

 

妊娠初期段階の女性は非常に臭いに敏感なため、少しの臭いでも吐き気や胃のムカつきを感じます。
無理をして市販の白髪染めを使うと、染髪剤の臭いで心身に過度なストレスが掛かってしまいます。

 

過度なストレスはお腹の中にいる赤ちゃんが栄養不足になる可能性があるので、出来れば避けた方が良いのです。
一方、利尻ヘアカラートリートメントは無香料なので、染髪剤の独特な臭いがしません。

 

ほんのりとしたフローラルな香りなので、妊娠中でも比較的使いと言う特徴があります。

 

皮膚を刺激する成分が配合されている

 

妊娠中の方が白髪染めをしてはいけない2つ目の理由は、市販の白髪染めには皮膚を刺激する成分が配合されているからです。

 

【市販の白髪染めに配合されている皮膚刺激成分】

・パラアミノフェノール
・パラフェニレンジアミン
・レゾルシン
・メタアミノフェノール

 

妊娠中の女性は、ホルモンバランスなどの影響で体調が著しく変化します。
今まで使っていた化粧水が急に合わなくなり、肌が荒れてしまう事もあります。

 

今までよりもお肌が敏感なため、市販の白髪染めでは頭皮や顔皮がアレルギー反応を起こしてしまう可能性があるのです。
皮膚のただれや痒みは妊娠中の方にとって非常にストレスとなるので、極力避けた方が良いでしょう。

 

一方、利尻ヘアカラートリートメントの場合は、上記の成分を一切配合していません。
ウコンやクチナシなどの植物色素で白髪を染めるので、妊娠中の方でも比較的安心して使用する事が出来るのです。

 

赤ちゃんに有毒となる成分が配合されている

 

妊娠中の方が白髪染めをしてはいけない3つ目の理由は、赤ちゃんに有毒となる成分が配合されているからです。
市販の白髪染めやカラー剤には、胎児に悪影響と言われている成分が配合されています。

 

【赤ちゃんに有毒とされている成分】

・ジアミン
・酸化剤
・パラベン
・タール系色素

 

これらの成分が直接胎児に影響を与えるかどうかは、医学的にまだ立証されていません。
しかし、薬剤によっては皮膚を通り、血液に混ざってしまう可能性は十分に考えられます。

 

万が一の時に「白髪染めが原因かも!?」と悩まないためにも、使用を控えた方が良いでしょう。
一方、利尻ヘアカラートリートメントは上記の成分を一切配合していません。

 

赤ちゃんからお年寄りの方まで安心・安全に使用できるように、無添加処方を徹底しているのです。
利尻ヘアカラートリートメントであれば、少しでも気持ちを楽にして白髪染めを行う事が出来るでしょう。

 

何かあっても病院で薬を処方できない

 

妊娠中の方が白髪染めをしてはいけない4つ目の理由は、病院で薬を処方できないからです。
市販の白髪染めを使用してアレルギー反応が出た場合、病院では塗り薬や飲み薬を処方します。

 

しかし、これらの薬は妊娠中の人に臨床試験を行った例がほぼないため、安全性が確立されていません。
特に、妊娠初期段階は流産や早産などのリスクが高まると言われているため、薬を処方する事が出来ない場合が多いのです。

 

「止めればよかった」と後悔しないためにも、市販の白髪染めやカラー剤は使わない方が良いでしょう。
利尻ヘアカラートリートメントであれば、このような副作用やストレスを極力減らす事が出来ます。

 

なぜ利尻ヘアカラートリートメントは妊娠中でも使えるの?

 

なぜ利尻ヘアカラートリートメントは妊娠中でも使えるのか

 

上記では、市販の白髪染めを使ってはいけない理由について解説をしてきました。
妊娠中でなければ特に問題なく使える市販の白髪染めですが、妊娠中の場合は話は別です。

 

では、なぜ利尻ヘアカラートリートメントは妊娠中の方でも使えるのでしょうか。
その理由を、下記で一緒に見てみましょう。

 

天然由来の植物色素で白髪を染められる

 

利尻ヘアカラートリートメントは、市販の白髪染めと違って天然由来の植物エキスを中心に作られています。
身体に有害となる成分を使用せずに白髪を染める事で、妊娠中の方でも安心して使えるのです。

 

利尻ヘアカラートリートメントの染髪成分を下記にまとめてみました。

 

・シコン
・クチナシ
・ウコン
・アナトー(ベニノキ)
・イオン色素
・ナノ分子カラー

 

これらの成分は、市販の白髪染めと比べて安全性の高い染髪成分と言われています。
さらに、髪の毛をコーティングする効果が高く、キレイに仕上がるのです。

 

ただし、市販や美容室で行う白髪染めとは染め方の仕組みが違うため、色落ちがしやすいと言う特徴があります。
利尻ヘアカラートリートメントを定期的に使用して、髪色を保つ事必要があるのです。

 

低刺激性で肌が荒れる事が少ない

 

利尻ヘアカラートリートメントは、ジアミンやパラベン、鉱物油、合成香料などを一切使用していません。
今まで市販の白髪染めなどで頭皮が荒れてしまった方でも使用できる様に、無添加処方を徹底しているのです。

 

無添加処方で低刺激性なので、染髪時に頭皮がピリピリする事は殆どありません。
頭皮やお肌が荒れる事も少ないので、刺激に敏感な妊娠中の方でも安心して使用できるのです。

 

また、植物由来の成分をふんだんに使用しているので、合成香料は使用せずともほのかなフローラルがします。
染髪剤のツーンとする臭いがしないので、妊娠初期段階の方でも使いやすい商品と言えます。

 

市販や美容室で行う白髪染めよりも色持ちは悪いですが、安全面を考えるのであれば、利尻ヘアカラートリートメントの方が良いでしょう。

 

妊娠中に利尻ヘアカラートリートメントを使う場合

 

妊娠中に利尻ヘアカラートリートメントを使う場合

 

頭皮や髪の毛に刺激が少ない利尻ヘアカラートリートメントですが、妊娠中の方が使用する時には注意が必要です。
下記では、妊娠中に利尻ヘアカラートリートメント使う際の注意点をご紹介します。

 

安全に白髪染めを行うためにも、下記の事を必ず守りましょう。

 

かかりつけの産婦人科に相談すること

 

妊娠中の女性の体はとてもデリケートで、少しの刺激でお肌に変化が現れるものです。
一部の産婦人科では、白髪染めやヘアカラーを絶対に行わないでと指示を出す先生もいます。

 

それほど、過去に白髪染めを使用して問題がなかった方でも異常を感じる場合があるのです。
利尻ヘアカラートリートメントは他の白髪染めと比べて安全な商品ですが、妊娠中の方にとって全く害が無いとは言い切れません。

 

白髪染めを行う前に利尻ヘアカラートリートメントを持参して、かかりつけのお医者さんに相談をして下さい。
お医者さんからのOKが出たら、下記でご紹介するパッチテストを行いましょう。

 

パッチテストは必ず行うこと

 

人体に悪影響を及ぼす成分は配合していない利尻ヘアカラートリートメントですが、中には皮膚がかぶれてしまう方がいます。
特に妊娠中は使用できる薬が限られているので、必ずパッチテストを行ってから使う様にしましょう。

 

【パッチテストの方法】

1.利尻ヘアカラートリートメント、綿棒、ティッシュを用意する
2.綿棒に利尻ヘアカラートリートメントを取り、腕の内側に10玉サイズの大きさで塗る
3.そのまま48時間放置する
4.異常が無ければ利尻ヘアカラートリートメントを使用する

 

もし、3の時点でお肌に異常が現れた時は、すぐに利尻ヘアカラートリートメントを洗い流して下さい。
もし赤みやただれが酷い場合は、母子手帳とお薬手帳を持参して病院へ行きましょう。

 

塗る時は手袋を必ず着用すること

 

利尻ヘアカラートリートメントは素手で使用する事も出来ますが、妊娠中の方はビニール手袋を着用する様にして下さい。
どれだけ低刺激処方の利尻ヘアカラートリートメントでも、皮膚が荒れてしまう事があるのです。

 

ここで注意したいポイントが、手袋の素材。
白髪染めなどでよく使用される手袋の1つに、ゴム手袋があります。

 

ゴム手袋には安全性の高いコーンスターチが使用されていますが、稀にアレルギー反応を起こす方がいます。
妊娠中は皮膚が敏感になっているので、手袋はビニールタイプの物をオススメします。

 

ビニール手袋は手の密着度が低くく使いにくいとは思いますが、万が一の事も考えて選択しましょう。

 

利尻ヘアカラートリートメントを妊娠中に使う際のまとめ

 

利尻ヘアカラートリートメントを妊娠中に使う際のまとめ

 

利尻ヘアカラートリートメントは、植物由来の成分を配合した頭皮や髪の毛に優しい白髪染めです。
市販の白髪染めに配合されているジアミンや酸化剤などを使用していないので、妊娠中の方でも比較的安心して使う事が出来ます。

 

定期的に利尻ヘアカラートリートメントを使う事で、妊娠中でも気になる白髪を染める事が出来るでしょう。
ただし、どれだけ無添加にこだわっている利尻ヘアカラートリートメントを使っても、お肌が荒れてしまう方が稀にいます。

 

お肌や身体が敏感な妊娠中は、染髪剤で副作用が出ても病院で薬が処方できない場合が多々あるのです。
妊娠中の方が利尻ヘアカラートリートメントを使用する際は、かかりつけのお医者さんに相談の上、パッチテストを必ず行って下さい。

 

正しく利尻ヘアカラートリートメントを使って、妊娠中でもキレイな髪色を保てるようにしましょう。

 

トップページ