利尻ヘアカラートリートメントの頻度

MENU

利尻ヘアカラートリートメントの使用頻度は?

 

利尻ヘアカラートリートメントの使用頻度

 

カラー剤で皮膚が荒れてしまう方でも安心して使える、利尻ヘアカラートリートメント。
配合された28種類もの植物由来の潤い成分が、白髪を染めながらツヤのあるキレイな髪の毛に整えます。

 

そのお手軽さや自然な仕上がりが人気を高め、累計販売数はなんと1,900万本を突破しました。
そんな利尻ヘアカラートリートメントを使用している人達は、どれくらいの頻度で使っているのでしょうか。

 

今回は、利尻ヘアカラートリートメントの使用頻度について解説をします。
オススメの染め方もご紹介をするので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

 

利尻ヘアカラートリートメントの使用頻度は?

 

利尻ヘアカラートリートメントは、トリートメントの様に使用する白髪染めです。
美容室で行う白髪染めとは違って徐々に白髪を染めるものなので、定期的に使用する必要があります。

 

しかし、「定期的」には個人差があるため、どれくらいの頻度で使えば良いのかが分からないものです。
さっそく、利尻ヘアカラートリートメントの使用頻度を下記でご紹介をします。

 

他の人達がどれくらいの頻度で使用しているのかも含めて見てみましょう。

 

初めて使用する人は3回連続で使う

 

利尻ヘアカラートリートメントは頭皮に優しい成分で作られていますが、1回でしっかりと色が入ります。
しかし、髪質によっては、1回の使用では満足な結果が得られない方もいます。

 

このため、初めて利尻ヘアカラートリートメントを使用する方は、3回連続で使用する事をオススメします。
3日間連続で使用する事で、髪色をしっかりと定着させる事が出来るのです。

 

髪色が定着すれば色持ちも良くなるので、利尻ヘアカラートリートメントの使用頻度を抑える事が出来ます。
もちろん、これは利尻ヘアカラートリートメントの使用後の染まり具合を見て判断する必要があります。

 

3回未満の使用でも満足のいく結果が出た場合は、後述する方法で髪色を保つと良いでしょう。

 

1〜2週間に1回の頻度で使用する人が多い

 

利尻ヘアカラートリートメントを愛用している方の多くは、1〜2週間に1回の頻度で使用しているようです。
中には、週に2回の頻度で利尻ヘアカラートリートメントを使用している人もいます。

 

これらは、「約1〜2週間程度で白髪が目立ってくるから」という事が理由でした。
「キレイな髪色をキープしていたい!」という方は、使用頻度が多いようです。

 

利尻ヘアカラートリートメントは、髪の毛の表面にカラーをコーティングするもの。
美容室で行う白髪染めとは仕組みが違うので、色落ちが早いと言うデメリットがあるのです。

 

「どれくらいの頻度で使えば良いのだろう?」と疑問に思っている方は、まず1〜2週間に1回の頻度で使用してみましょう。
白髪の多さ、髪の毛の細さなどで色持ちは違うので、「白髪が目立ってきた!」と思った時に使用する事がオススメと言えます。

 

利尻ヘアカラートリートメントは毎日使っても良い?

 

利尻ヘアカラートリートメントは、赤ちゃんからご年配の方まで安心・安全に使用できる様に、無添加にこだわっています。
市販のカラー剤などに含まれているパラベンやジアミン、酸化剤などを一切使用していないので、毎日使用する事が出来ます。

 

植物由来の美髪成分をふんだんに配合しているので、毎日のトリートメントとして使用が出来るのです。
使用頻度が多いほど髪の毛にハリツヤが出て、髪色もキレイに染まるでしょう。

 

しかし、頭皮を掻いて傷がある時などは、使用を控える様にして下さい。
低刺激性の白髪染めではありますが、刺激を感じたり炎症を起こす可能性があります。

 

毎日使用する場合は、ご自身の頭皮の状態を確認してから行う様にしましょう。

 

利尻ヘアカラートリートメントの頻度を抑える染め方

 

利尻ヘアカラートリートメントの頻度を抑える染め方

 

平均1〜2週間に1回の頻度で使用する利尻ヘアカラートリートメント。
お手軽に白髪を染められるのですが、出来れば使用頻度は減らしたいものです。

 

使用頻度を減らせれば、その分時間もお金も節約する事が出来ます。
ここからは、利尻ヘアカラートリートメントの使用頻度を抑える方法についてご紹介します。

 

利尻ヘアカラートリートメントを効果的に使って、気になる白髪をしっかり染めましょう。

 

まずは髪の毛を梳く

 

利尻ヘアカラートリートメントを使用するは、ブラシで髪の毛を梳いておきましょう。
髪の毛にホコリなどが付着していると、せっかく染めても色ムラの原因となってしまうのです。

 

キレイに白髪を染めて使用頻度を抑えるためにも、必ずこの工程は行って下さい。
髪の毛を梳くだけで色ムラを無くし、白髪をしっかりと染められるのです。

 

ブラシで髪の毛を梳く時は、毛先→頭皮の順で優しく梳くと良いでしょう。
絡まった髪の毛を傷ませる事なく、キレイにほどく事が出来ます。

 

その他、事前準備としてはラップ、ビニール手袋、ハケブラシなどを用意しておきましょう。

 

乾いた髪に塗布する

 

利尻ヘアカラートリートメントは、乾いた髪・濡れた髪のどちらにも使用できる商品です。
濡れた髪の毛でも十分に染まるのですが、オススメは乾いた髪に使用すること。

 

髪が濡れ過ぎているとカラー剤がしっかりと髪の毛をコーティング出来ず、色落ちの原因となるのです。
これでは使用頻度が多くなり、コストパフォーマンスが悪くなってしまいます。

 

休日の日中などを利用して、乾いた髪の毛に利尻ヘアカラートリートメントを塗りましょう。
ただし、汗や皮脂が頭皮に付着していると、白髪が染まらないか可能性があります。

 

利尻ヘアカラートリートメント使用前日はゆっくりとお風呂に入り、髪の毛と頭皮をキレイにしておきましょう。
また、利尻ヘアカラートリートメントは、「少し多めかな?」と思うくらいの量を塗って下さい。

 

「もったいないから!」と言って少量だけを使用しても、十分な効果は望めないのです。

 

ラップを巻いてから放置する

 

利尻ヘアカラートリートメントを髪の毛にまんべんなく塗布したら、ラップを巻いてから放置する様にしましょう。
ラップを巻くと、以下のようなメリットがあります。

 

【ラップを巻くメリット】

・ホコリの付着を防ぎ、色ムラなくキレイに仕上がる
・頭皮の熱がラップ内にこもり、カラー剤をしっかりコーティングさせる
・利尻ヘアカラートリートメントが衣類や家具に付着する事を防ぐ

 

色ムラなくキレイに仕上がれば染める頻度も減らせるので、ぜひ試してみて下さい。
これは、塗れた髪の毛に利尻ヘアカラートリートメントを使う際にも有効です。

 

きつく巻き過ぎると色ムラになる可能性があるので、優しくフワッと巻きるける様なイメージで行いましょう。
週に数回の頻度で行う方は、「シルバートリートメントキャップ」1,296円(税込)を購入してみるのも方法の1つです。

 

ラップの費用や巻く手間が省けるので、ぜひサイトでチェックしてみて下さい。

 

しっかりと30分待つ

 

市販の白髪を染めは放置時間が平均10〜20分なのですが、利尻ヘアカラートリートメントは少し長めに設定されています。
髪の毛にトリートメントを塗ってラップを巻いたら、しっかり30分待ちましょう。

 

30分経ったら利尻ヘアカラートリートメントを流し、シャンプーで髪の毛を充分に洗います。
これだけで、白髪がキレイに染まるのです。

 

しかし、利尻ヘアカラートリートメントの口コミを調べてみると、30分以上の時間を置いている方が多くいました。
30分以上放置した方がしっかりと染まり、使用頻度が減らす事が出来るようです。

 

「30分待ってみたけど、思った様に染まっていない」と思った方は、もう少し時間をおいてみると良いでしょう。
ただし、頭皮に異常を感じた時は、すぐに使用を中止して洗い流す様にして下さい。

 

利尻ヘアカラートリートメントの使用頻度のまとめ

 

利尻ヘアカラートリートメントの使用頻度のまとめ

 

植物由来の潤い成分を豊富に配合しながらも、低刺激性で髪の毛や頭皮に優しい利尻ヘアカラートリートメント。
愛用している方の多くは、1〜2週間に1回の頻度で使用している事が分かりました。

 

初めて使用する方は3日連続で使い、その後は1〜2週間に1回の頻度で使用すれば、キレイな髪色を保つ事が出来ます。
白髪の多さや髪の毛の細さなどで色持ちは変わるので、自分に合った頻度で行う様にしましょう。

 

また、少し工夫を行えば、利尻ヘアカラートリートメントの効果を引き上げる事が出来ます。
使用前は髪の毛を梳く、ラップを巻く、30分は待つなどの工程を取り入れてみましょう。

 

気になる白髪を利尻ヘアカラートリートメントで染め、いつまでもキレイな髪の毛で過ごして下さい。

 

トップページ